ご寄付の紹介と阪神淡路大震災から24年

昨日、ご寄付をお預かりしましたので、ご紹介いたします。


いつもfreiを気にかけて下さる村☆様から、
毛布を3枚お預かりしました。
ありがとうございました。

1901173.jpg


こちらは、村☆様のご紹介で、
素敵なカフェのオーナー様から頂きました。
お洋服やカバン等、沢山のフリマ用品をありがとうございました。

1901171.jpg


そしてこちらは、frei県外メンバーのmiporinさんからです。
沢山のタオルや紙袋と、
週末にある会議の時のお茶菓子にと、お菓子も一緒に送ってくれました。
miporinさん、ありがとうございます。
メンバーで分けて頂きますね。

1901172.jpg


毛布やタオルは支援物資として、
お洋服等のフリマ用品は、
来月予定していますエルエルタウンのフリマから販売させて頂きます。



今日は阪神淡路大震災が発生した日ですね。
亡くなられた多くの方のご冥福を、改めてお祈りいたします。

24年前の早朝、私が住む愛知県でも、
目が覚める程の揺れがあったのを覚えています。

私の父は関西出身なので、
父の兄弟や、従兄弟達が阪神淡路大震災を経験しています。

母は東北出身なので、
同じように母の実家や親戚が東日本大震災を経験しています。

日本は地震がとても多い国です。
各地で大きな地震が起きる度に、
被災された方々のご苦労やお辛い状況に胸が痛みます。

でも、復興に向けて希望を捨てずに、
前に進まれる姿には、元気とパワーを頂きます。

更には、天皇、皇后両陛下の被災地の方へ寄り添う姿に、
感動して涙も溢れることがあります。

今日は朝からテレビを点けると、
阪神淡路大震災の話題が多く、
両陛下が被災地を訪問された際、
皇后陛下が水仙の花束をたむけられたというお話も、クローズアップされていました。

その水仙の花束についての動画を見つけましたので、
数年前のものですが、もし宜しければご覧になってみて下さい→


弱い立場の人の心に寄り添い、
希望を与えることが出来る人に、
なろうと思ってなれるものではないと思いますが、
少しでもそういう人に近づけるように、
努力をしたいと思いました。

この記事へのコメント