令和2年2月収支報告と「保護犬のわんこ」プロジェクト

freiの活動を応援して下さっている、
全ての皆様に感謝の気持ちを込めて
遅れていました、先月(2月)の収支報告をさせて頂きます。


〈令和2年1月分までの繰越金〉 
119,049円

〈収 入〉
①フリマ売り上げ
142,035円
※あやの先生ご寄付、ミポリンさんメルカリ、
マロンママ、アキちゃん、みやこさんのお店の売上、
としちゃん、maro-cocoさん売上ご寄付を含む


〈支 出〉
①経費
1,573円
ゆうパック(1件分)、
葉書→切手交換手数料

2003021.jpg


②作家様、その他委託販売返金分 
24,745円(15名様 ↓)
※岡猫さん、えんねこさん委託販売分を含む。

2003022.jpg


③支援 
94,870円
【内訳】
・アニマルレスキューハッピーりぼん様(長崎) 30,000円
 ※猫54匹多頭飼育崩壊現場の猫ちゃんへの支援として
・保護っ子基金様 20,000円

・支援物資購入分 44,870円
 ドッグフード お届け先(↓)
 Revue動物愛護さん
 DOG GANGさん 
 Wanwan Rescue Connectさん
 保護っ子基金さん 
 (全てブログで報告済み)


〈差引残高〉 
139,896円

以上です。


今月はフリマ活動の目途が、まだ立っていません。
しかし、待った無しの命は全国にあふれています。

支援の送金をさせて頂いたハッピーりぼんさんは、
長崎県で、飼主死亡による 
猫54匹多頭飼育崩壊現場の対応に追われています。
病気の猫ちゃんの数も多く、
保護するための施設を作りたいと考えてみえます。

長崎だけでなく、また猫ちゃんだけでなく、
多頭飼育の問題はあちこちであります。
先日支援物資をお届けしたWRCさんでも、
関東で起きたビーグル系の多頭飼育崩壊現場からの保護がありました。

freiが1月、2月とフードをお送りしているDOG GANGさんも、
個人で大型犬を多数飼育しており、
先日メンバーが現地を訪れてくれましたが、
その数は33頭で、お世話の大変さ、暮らしぶりは想像を超えました。
崩壊すれば、33頭の大型犬の保護が必要となり、
処分を免れない犬も出てくる可能性もあります。
(そうならないために、freiはフードを少しでもお届けしたいと考えています。)

命を守るのは、とても大変なことで、
全てを幸せにしたいけれど、
それは難しいというか不可能です。
だとすれば、今は、命を増やさないことが大切ではないかと。
パピーミルに命を増産させないよう、
出来る限り、保護犬・保護猫を迎えるという選択を、
多くの方にして欲しいと思います。

先日「保護犬のわんこ」プロジェクトさん から、
リーフレットを送って頂きました。

2003023.jpg

2003024.jpg

2003025.jpg

多くの方に、保護犬や保護猫の存在を知って頂くために、
freiもリーフレットの配布をして行きたいと思います。

Instagramでも頒布のお願いがあります→

当面フリマはありませんので、
マロンママ、アキちゃん、みやこさんのお店に設置し、
お配りして行きたいと考えています。

買うから、飼うへ。
犬を飼う第一選択肢を保護犬に!
(もちろん、猫ちゃんも)

この記事へのコメント