ご寄付の紹介とマスクの納品とクラウドファンディング

いつもfreiに沢山のご寄付を下さる村☆様より、
昨日お預かりしたご寄付をご紹介致します。

ペット用の階段です。
とても立派な作りの階段を頂きました。

2004242.jpg

他にも、お洋服やこたつ布団(新品)など、
沢山のご寄付をありがとうございました。
(介護用オムツはご近所の方から預かって下さいました。)

2004241.jpg

フリマが再開できるようになりましたら、販売させて頂きます。


フリマ活動を自粛している間は、
メンバーだけでなく作家様達もマスク作りに励んで下さっています。

マスクは、メンバーのお店やmunchさん(現在は休業中)の他、
メンバーが知人や職場等でも販売させて頂いていますが、
三重県松阪市の雑貨屋さん『おしゃれ雑貨さいだ』様とのご縁を頂き、販売をして下さることになりました。

今週初め、納品のため送付させて頂いたところ、
既に残りが少なくなっているとのことです。

2004243.jpg
(納品させて頂いたマスク)

三重県の方にも、freiのハンドメイドのマスクを手に取って頂ける機会を下さったさいだ様
ご縁をつないでくれたメンバーミポリンさん、ありがとうございました。

そして、freiのマスク作家様、
お買い上げ下さった皆様に心より感謝致します。

フリマ活動が出来ない現在は、
マスクやその他のハンドメイド品の販売がfreiの収入源となっています。
今月末には収支報告をさせて頂きますが、
今月も少しですが、ワンちゃん猫ちゃんのために、
コロナ感染の危険が伴う中、頑張って下さっているボランティアの方々に支援をさせて頂けることになりました。
本当に有難く思っています。


最後に、ご紹介したいクラウドファンディングが2件あります。

まず最初は、freiが2月に支援をさせて頂いた、
長崎のアニマルレスキュー ハッピーりぼんさん。

多頭飼育崩壊の現場からSOS。行き場のない猫たちの居場所作りを

飼い主さんの死亡により多頭飼育崩壊となった猫ちゃん達のため、
人にも猫にも優しいシェルター作りをされたいとのことです。
詳しくは上記READYFORのページへ。



次にご紹介したいのは、
これまでも支援をさせて頂いたことがある、
熊本のkokoさくら園さんです。

地域の人が気軽に集う場を。たくさんの動物がいるお家を熊本に!

動物を保護するだけの施設であった場所を、
社会で孤立しないように、
多くの皆さんが気軽に利用し交流できる場所に作り変えたいとのこと。

お家に帰るような親戚に遊びにいくような感覚で、
利用しやすいゆったり寛げるような「おうち」を目指してみえます。

kokoさくら園さんの挑戦の期日は、今月末(4/30)まで。
目標額まで、もう少しです。



苦しい環境にいた猫ちゃん達の先々までの幸せを考えての挑戦。
人と動物達の共存、
そしてその共存がもたらす素晴らしい効果を地域の人々にと考えての挑戦。

どちらの挑戦も、どうか見守って頂き、少しでもご協力頂けたらと思います。
よろしくお願い致します。

この記事へのコメント