クリステル・ヴィ・アンサンブルと豊川市より

今日(5/18)は、2つのニュースをお知らせしたいと思います。


一般社団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル

皆様も良くご存知の滝川クリステルさんが代表を務めてみえる財団です。

Vie Ensemble は、
フランス語で「ともに人生を歩む」「一緒の命」という意味。
同じ価値の命がお互いに支えあう社会、
共存・共生する社会の実現への願いが込められています。

今日(5/18)、発信されたニュースです(↓)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う
犬猫の保護団体への運営維持等対策支援
〜保護犬・保護猫のアニマルウェルフェアを守るために〜


経済的に大きな影響を受ける犬猫の保護団体に対して、
1団体あたり20万円
(支援金総額は2000万円のため、100団体様までのご支援)を、
運営維持のための支援として行うことを決定いたしました
→ニュース全文はこちらから

申し込みは、5月31日(日)までだそうです。
皆様が応援されている愛護団体さんで、
まだご存知でないところがあれば、お知らせください。
コロナの影響を受け、活動に支障が出ているところも多くあるかと思います。
よろしくお願い致します。



そして愛知県豊川市からは、

人も猫も幸せなまちづくりのために!地域猫活動推進プロジェクト

2005181.jpg

【プロジェクトの内容】
近年豊川市では、
飼い主のいない猫によるふん尿被害などの苦情が多数寄せられるなど、
地域住民の生活環境に関わる問題となっています。
また、交通事故などにより死亡した猫の回収が年間450件ほどあり、
その多くは飼い主のいない猫と見られ、たいへん痛ましい状況となっています。
豊川市では、こうした問題の解決方法として、
国が推奨する地域猫活動を推進することとし、
その一環として飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の助成事業を行いたいと考えています。
この事業を通して、
飼い主のいない猫に不妊去勢手術をし、
一代限りの命とすることで、
不幸な命をこれ以上増やさないようにしたいと思います。
豊川市が人にとっても猫にとっても幸せなまちとなるように、
この事業に賛同しご支援いただける皆さまを募集します。


ふるさと納税で豊川市の地域猫活動を応援することが出来ます。
こちらの募集も今日から始まり、
夕方のニュースでも取り上げられていました。
期間は90日で、8月15日までとなります。
(↑のプロジェクト名からふるさとチョイスのページへ飛ぶことが出来ます)

ニャンとかしまい豊川さん
も、
行政と共に、地域猫活動をサポートし、
不幸な命を増やさないようにと活動されています。
このクラウドファンディングで、
地域猫活動が広がることを願って、
応援メッセージを書かれたそうですので、
是非読んで頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

この記事へのコメント