ご寄付の紹介と支援のお届け

お預かりしましたご寄付の紹介をさせて頂きます。

マロンママのお姑さんのご友人が、
遺して下さった品物です。
ご友人は個人でTNRをされるなど、
ボランティア活動をされていたそうです。
ご家族が何処かで役に立てばと、freiに預けて下さいました。
バリケンや、猫ちゃんのトイレ、爪とぎ等ありがとうございました。

2011033.jpg


いつも沢山のご寄付を頂きます村☆様からは、
マスク、使い捨て手袋、お洋服を頂きました。
ありがとうございました。

2011062.jpg


寧々ママさんのご実家より、
ぬいぐるみや雑貨、タオルを頂きました。
ありがとうございました。

2011064.jpg



次に支援のお届けのご報告です。


ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホーム、
さくらの里山科さんが支援を募られていましたので、
お預かりしていたマスクや使い捨て手袋、
トイレシートをお送りしました。
(ゆうパックで発送、切手で送料を支払いしました。)

2011061.jpg

高齢の方が、一緒に生活をして来たペットを、
施設に入るからと手放さすことは少なくありません。
また、最後まで飼えないからと、
一緒に暮らすことを諦めて迎えないと言う方もみえます。
高齢者とペットの問題は、とても難しく、
これからは、更に多くなるでしょう。
どういう選択が正解なのかは、
またその時その時で違って来ると思います。

さくらの里山科さんのように、
ペットと一緒に入居できる施設の存在は、
ご本人やご家族、周囲の方にとって、
いざという時の選択肢の幅が広がることになるのではないでしょうか。



次にお届けしたのは、
静岡県で活動されているSOURIREさんです。
ホームページ→
アメブロ→スリール~犬達の幸せ探し~
中型犬を中心に地道な活動を続けていらっしゃいます。
骨ガムやフードをネットで購入して直送してもらいました。

2011063.jpg



最後のお届け報告は、
マロンママのお店のお隣の電気屋さん兼駄菓子屋さんです。
もう長らく、個人でTNRをし、
不幸な猫ちゃんを増やさない活動を続けて下さっています。
お預かりしていました猫ちゃんのフード類をマロンママからお渡ししました。

2011065.jpg



全国で、本当に沢山の方が、
小さな命と向き合い、
ご自分に出来る動物愛護活動をして下さっています。
色々な方法や形があるのは当たり前で、
freiのような間接的な活動も動物愛護だと思っています。
そして、freiを信じてご寄付を下さったり、
支援品を預けて下さったり、
フリマでお買い物をして下さる方々もまた、
動物愛護活動をして下さっている、優しい方々だと思っています。
freiは、そんな優しい方々のお蔭で、
こうして活動が出来ています。
本当にありがとうございます。

この記事へのコメント