令和2年12月収支報告

freiをいつも支えて下さり心から感謝しています。
今年最後の月も、多くの皆様のお蔭で充実した活動をすることが出来ました。
ご協力下さいました全ての皆様に、
感謝の気持ちを込めて、
令和2年12月の収支報告をさせて頂きます。


〈令和2年11月分までの繰越金〉 
231,300円

〈収 入〉
①フリマ売り上げ
254,570円
※munchさん、ネコフリさん、ソリオンさんの売上、
maro-cocoさん出店時のfrei分の売上、
マロンママ、アキちゃん、みやこさんのお店の売上、
メンバーそれぞれの個人売上と売上利益を含む。


〈支 出〉
①経費
2,388円
書き損じ葉書を切手に交換した際の手数料
宅配送料
支援の送金時の振込手数料

②作家様、その他委託販売返金分 
65,713円(20名様 ↓)
※岡猫さん、えんねこさん、
Revue動物愛護さん委託販売分を含む。

2012311.jpg



③支援 
189,630円
【内訳】
・NPO法人えんねこ様(愛知)40,000円
・NPO法人わんハート様(北海道)40,000円
・動物保護団体Dep様(三重) 30,000円
・保護ねこカフェNEKO FREAK様(愛知)30,000円

・支援物資購入分 49,630円
キャットフード、猫砂、トイレシート
フロントライン、ドッグフード、ハーネス
購入物資お届け先↓
令和さくら猫マザーヘレンさん
スリールさん、水俣保健所
保護っ子基金(全てブログで報告済)


〈差引残高〉 
228,139円

以上です。

今年も今日で終わってしまいます。
コロナで始まりコロナで終わる、
いつもとは全く違う一年になりました。
感染拡大をしないよう対策をし、
又コロナの影響を受けながらも、
懸命に生きた一年だったのではないでしょうか?
人間の生活の変化は、動物達にも影響がありました。
保護を必要とする動物は変わらず常にいて、
でも、譲渡会や譲渡につながるイベント等は中止が相次ぎました。
幸せが遠のいてしまった動物もいたことでしょう。

そのような中、
動物愛護活動を頑張って下さっている方々に、
少しでもご恩返しが出来ればと、
freiに出来ることを模索しながら、
活動を続けさせて頂けたことは、
とても有難く、感謝という言葉では足りないくらいです。

新型コロナの感染は、
とうとう全ての大陸に広がりました。
人間が地球に試されているのかな?と思えて来ます。
自粛生活の中では、
普段考えないことを深く考える時間もあります。
ペットショップの裏側、
保護動物の現状、
動物虐待、野良猫の過酷な生活等々、
多くの方が、目を向けて下さる機会になってくれていたら・・・。

これを乗り越えた先が、
地球にも全ての生命にも、
優しい世界になっていてくれたらと願います。

今年も一年、あたたかく見守って下さり、
活動に沢山のご協力を頂き、
本当にありがとうございました。
来年も、どうかよろしくお願い致します。

"令和2年12月収支報告"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: